京葉銀行のカードローンを利用して、ドローンを購入しました

“いま話題のドローンを買うことにしたのですが、高額ですので、費用は京葉銀行のカードローンからお金を借りて支払いました。

【1】いま話題のドローンを買うことにしました
最近、テレビでドローンが話題になっています。良い点も悪い点も、両方の面から報道されており、世の中の強い関心を集めているわけですが、自分も興味を持つようになりインターネットで興味本位で検索していました。ところが、何度もインターネットでドローンを見ているうちに、自分もドローンを飛ばしたくなってしまいました。当初は単なるラジコン飛行機かと思っていたのですが、まったく機能の水準が異なります。操作できる距離が2000メートルあったり、カメラを装着して撮影することができます。

【2】高価格のドローンを選びました
私の自宅は、千葉県の郊外にありますので、ドローンを飛ばしても問題ないエリアがたくさんあります。親戚の畑の面積が広いですから、そこで飛ばさせてもらえば、問題ないだろうと思いました。肝心の、購入するドローンですが、価格帯が1万円程度のものですと、ちょっとした操作ミスで墜落してしまいそうな印象があります。このため、家電量販店の店員に話を聞いて、操作性の安定度が高いドローンを教えてもらいました。そのドローンですと、価格は約50万円でした。

【3】京葉銀行のカードローンで支払うことに
ドローンの購入費用ですが、50万円しますのでクレジットカードの枠内では支払えません。このため、銀行のカードローンを利用して、お金を借りることにしました。私は、京葉銀行から住宅ローンを借りていますし、京葉銀行に普通預金口座を開設し、給与振込口座に指定し、公共料金の引き落とし口座にも指定していますので、京葉銀行に対しては信用力は高いのではないかと勝手に思ってました。そこで、私は京葉銀行の住宅ローンを利用している支店に行って、相談してみました。すると、住宅ローン利用者に対しては、カードローンについては優遇金利が適用されると説明を受けました。ほとんどの銀行のカードローンの場合は、上限金利が14.6%と設定されていますが、今回の私の京葉銀行で優遇金利を適用されましたので、私は13.0%の金利で50万円を借りることができました。

京葉銀行のカードローンの場合は、住宅ローン利用者に対しては優遇金利を設定する制度がありましたので、私はメリットを受けることができました。カードローンを利用するにあたっては、そういったメリットの有無を調べることがポイントだと思った次第です。”