群馬銀行のカードローンでお金を借りて、物置を買いました

“一戸建ての自宅の庭に物置を設置する必要ができたので、群馬銀行のカードローンでお金を借りて、物置を買いました。

【1】子供たちが大きくなりましたが、おもちゃを捨てるのがもったいないと思いました
私は10年前から、群馬県内で一戸建て住宅を購入し、生活しています。結婚して、子供が2人生まれて、にぎやかな生活を送っていますが、子供が成長してきて小学校高学年となり、子供たちが小さい頃使っていたおもちゃや、家の中で遊ぶ滑り台、履いていた靴などが家の中に溢れるようになってしまいました。本当は、思い切って捨ててしまえばよいのですが、私たち夫婦にとっては良い思い出の品ですので、捨てるのがもったいないのです。そこで、自宅の庭に大きめの物置を設置して、もう使わないおもちゃや滑り台など全てしまおうと考えました。

【2】床面積2坪の物置を買うことにしました
夫婦でホームセンターに行き、収納庫や物置を見て回りました。床面積が1坪のものや、2坪の物置があり迷いました。いまはリビングに置きっぱなしの子供用滑り台は分解して、格納すれば良いと思い、床面積2坪の物置を買うことにしました。価格は17万円でした。ところが、このときにかぎって現金を用意するのを、すっかり忘れていました。そして、私たち夫婦にはクレジットカードを使う習慣がありませんでした。ついつい消費を増やす過ぎるのではないかという心配があったため、クレジットカードを作っていなかったのです。給料がでるまで物置を買うのを待っても良かったのですが、銀行のカードローンでお金を借りて、物置を買うことにしました。

【3】群馬銀行のカードローンで支払うことに
群馬県民にとっては、群馬銀行はメインバンクです。生まれて初めて口座を作る銀行は、群馬銀行です。そして、地元の群馬県の企業に就職すれば、給与の振込口座は群馬銀行となりますし、公共料金の引き落とし口座も群馬銀行なのです。そんな、メインバンクの群馬銀行でカードローンを利用しようと思い、群馬銀行のホームページを見てみました。利用金額が17万円ですと、借り入れ金利は14.5%となるようでした。そして、そのままホームページからカードローンの申し込みをしてみました。翌日には審査を通過した旨のメールをもらい、自宅に契約書が送付されてきました。その後、ローンカードが自宅に送付されてきて、17万円を借りることができました。

あとでわかったのですが、群馬銀行のカードローンの金利は、一般的なカードローンの金利と比べて0.1%低いようです。たった0.1%ですが、お金の金利ですから大切なポイントです。カードローンを選ぶときは、金利の違いにも注目すべきと思った次第です。”