法要のときに、楽天カードのキャッシングで資金調達しました

親戚の法事に出席しましたが、親戚が懐石料理の支払いに現金が足りなくなり、とりあえず私が楽天カードのキャッシングを利用して、親戚にお金を貸すことができました。

【1】親戚の法事に出席していました

私の父方の叔父の7回忌の法要に出席したときのことです。久しぶりに親戚一同が顔を合わせて、親戚の家で僧侶に来てもらい法要を営みました。7回忌という法要としては、規模が大きい方だと思いますが、親戚が20名集まりました。僧侶が帰ったあと、菩提寺にあるお墓に行き、お線香をたむけました。そして、親戚みんなで、いったん親戚の家に戻ったあと、近くにある懐石料理屋で昼食をとることになりました。すると、昼食をとっている最中に、施主を務めた親戚が「お金がない」と声をひそめて言っているのが聞こえてきました。

【2】僧侶への支払いしかお金を用意してなかったそうです

法要というのは、まず僧侶への支払いがあります。読経料のような料金です。それと、塔婆というものを僧侶に用意してもらいますので、その料金も必要です。僧侶への支払いだけで、10万円程度の支払いがあります。施主の親戚は、この10万円しか用意していなかったようです。うっかりしていたのでしょう。このため、親戚は、昼食の懐石料理の代金を支払えなくて困っていました。仕方がないので、私がクレジットカードのキャッシングでお金を調達して、一時的に親戚にお金を貸すことになりました。

【3】楽天カードのキャッシングで10万円借りました

私は、クレジットカードでは楽天カードを愛用しています。このため、このときは楽天カードのキャッシングでお金を借りることにしました。私は、懐石料理屋を抜け出て、近くのセブンイレブンに行きました。楽天カードは、セブン銀行と提携していますので、セブン銀行のATMを使って、楽天カードのキャッシングを利用することができるのです。こうして私は、とりあえず10万円調達して、親戚に貸しました。金利が18%ですので、早めに返してくれるように言っておきました。

楽天カードのキャッシングは、コンビニのATMからお金を借りることができますし、スマートフォンから借り入れを申し込んで指定した銀行口座へ入金してもらうことも可能です。クレジットカードのキャッシングの利便性は、クレジットカードを作るときにキャッシングの審査も通過していますので、必要なときに必要な金額を借りることができる点だと思います。