私がアコムの無利息キャッシングのサービスを利用した体験談

無利息キャッシングのサービスを行っている消費者金融が今ではたくさんあります。そのことの背景には、消費者金融同士の熾烈な競争があるのだと思います。街に行くと、いくつもの消費者金融の看板があります。キャッシングサービスは今では消費者金融だけに限らず、銀行も信販系の会社も、更には小売業の会社まで行うようになりました。これらのことから、いかに競争が激しいのかということがよくわかります。

実際には無利息キャッシングでは、消費者金融は全く儲かりません。消費者金融は利息を受け取らなければ利益にはならないです。にも関わらず無利息キャッシングを行う理由は、少しでも顧客を増やしたいという強い思いがあるからです。無利息キャッシングをきっかけにして顧客をゲットできれば、またその顧客が定期的にキャッシングサービスを利用してくれるのではないかという期待を持っているということです。

無利息キャッシングを利用しようと思ったきっかけについて

私は引っ越しのためのお金を必要としていました。引っ越しのためにお金を借りなければならないのならば、お金を作るまで引っ越さなければ良いのではという意見もあるかと思います。けれどもその時の私は、家賃の更新料を支払う前に引っ越しをしたかったのです。家賃の更新料を支払ってから引っ越しをすることになると、支払った更新料が無駄になってしまいます。ただしある程度のお金は既に手元にあったため、借りなければならない金額は少ないものでした。そのため何とか無利子で借りることができないだろうかという欲が生まれたのです。

実際に無利息キャッシングを利用してみてどうだったかについて

アコムの無利息キャッシングサービスは、誰でも利用できるサービスではありませんでした。具体的にどういうことかと言うと、はじめてアコムでキャッシングする人でなければいけません。また返済期日を35日ごととして契約をしなければいけません。そして適用されるのは、無担保カードローンだけです。更に30日を過ぎると、金利は発生してしまいます。これだけの条件がありましたが、幸いなことに私はこれらの条件は全てクリアできました。ネットですぐに申し込みができたため、快適でした。

無利息キャッシングを利用したその後

何とか30日以内に全額返すことができました。そのためつまり、私は利子を1円も支払っていないということです。消費者金融からお金を借りて1円も利息を支払っていない私のような人間は、かなり珍しいのではないでしょうか。とても得をした嬉しい気分でした。

最後にまとめると、アコムの無利息キャッシングは色々と利用するための条件はありますが、利用できれば私たち借りる側にとっては、またとないお得な話です。顧客を獲得したい消費者金融側にとっても、私たち借りる側にとってもおいしい話であるため、とても有意義なWin-Winの関係であると思います。

無利息キャッシングのメリットを紹介します

金融業者でキャッシングを行うと当然利息が発生します。ですが現代社会においてはいくつもの金融業者で無利息キャッシングというサービスを行っています。そのサービスについての説明とメリット、実際に行っている会社についてその一部を紹介したいと思います。

無利息キャッシングとは

基本的にキャッシング利息というのは1日から発生し、10万円を18%の金利でキャッシングした場合は1日当たりの利息は50円程だと頭に入れておくと実際にどれくらいの利息がかかるかイメージしやすいと言えます。借りた金額が大きくなれば当然利息も大きくなりますし、長く借りればその分多くのお金を返済する必要があるのです。ですが初めてその会社を利用する人限定で1ヶ月の無利息キャッシングを行っている金融業者が存在するのです。もしくは1週間を何度でも無利息で借りれるといったサービスを売りにしている会社もあります。その条件は金融業者により異なりますが条件をクリアしていたら利息ゼロでお金を借りることが可能なのです。

無利息キャッシングのメリット

利用者側の無利息キャッシングのメリットは説明するまでもありませんが、通常なら支払わないといけない利息を支払わずに済む点です。その上初回限定無利息のサービスが多いので、いくつかの金融会社で無利息でお金を借りてその対応をチェックし、対応のいい金融業者を次回から利用することが出来ます。金融業者側にも無利息キャッシングといったサービスを提供するメリットはあります。それは新規の利用者を獲得することで、これまでキャッシングを1度も利用したことがないという人でも無利息期間を設定することでキャッシングに対する抵抗感を減らすことが出来るのです。1度利用してその便利さを知れば2回目からは有料であってもさほど抵抗なく利用することが出来るのです。

無利息キャッシングを行っている金融業者

大手消費者金融のプロミスとアコムでは初回限定で30日間無利息サービスを行っています。あとレイクは初回限定で全額が30日間無利息もしくは5万円分だけ180日間無利息の2種類の無利息キャッシングから好きな方を選択することが出来ます。あと初回限定といった条件がついていないのがノーローンで何度でも無利息キャッシングが可能ですが、その期間は他より短めで7日間と設定されています。

まとめ・終わりに

無利息キャッシングは初回限定だったり、1週間だけだったりと条件がついていますが、それでも上手に活用すればとってもお得だと言えますし、本来は支払わないといけない分が無料になっているのですから利用者にとって損することはありません。

法要のときに、楽天カードのキャッシングで資金調達しました

親戚の法事に出席しましたが、親戚が懐石料理の支払いに現金が足りなくなり、とりあえず私が楽天カードのキャッシングを利用して、親戚にお金を貸すことができました。

【1】親戚の法事に出席していました

私の父方の叔父の7回忌の法要に出席したときのことです。久しぶりに親戚一同が顔を合わせて、親戚の家で僧侶に来てもらい法要を営みました。7回忌という法要としては、規模が大きい方だと思いますが、親戚が20名集まりました。僧侶が帰ったあと、菩提寺にあるお墓に行き、お線香をたむけました。そして、親戚みんなで、いったん親戚の家に戻ったあと、近くにある懐石料理屋で昼食をとることになりました。すると、昼食をとっている最中に、施主を務めた親戚が「お金がない」と声をひそめて言っているのが聞こえてきました。

【2】僧侶への支払いしかお金を用意してなかったそうです

法要というのは、まず僧侶への支払いがあります。読経料のような料金です。それと、塔婆というものを僧侶に用意してもらいますので、その料金も必要です。僧侶への支払いだけで、10万円程度の支払いがあります。施主の親戚は、この10万円しか用意していなかったようです。うっかりしていたのでしょう。このため、親戚は、昼食の懐石料理の代金を支払えなくて困っていました。仕方がないので、私がクレジットカードのキャッシングでお金を調達して、一時的に親戚にお金を貸すことになりました。

【3】楽天カードのキャッシングで10万円借りました

私は、クレジットカードでは楽天カードを愛用しています。このため、このときは楽天カードのキャッシングでお金を借りることにしました。私は、懐石料理屋を抜け出て、近くのセブンイレブンに行きました。楽天カードは、セブン銀行と提携していますので、セブン銀行のATMを使って、楽天カードのキャッシングを利用することができるのです。こうして私は、とりあえず10万円調達して、親戚に貸しました。金利が18%ですので、早めに返してくれるように言っておきました。

楽天カードのキャッシングは、コンビニのATMからお金を借りることができますし、スマートフォンから借り入れを申し込んで指定した銀行口座へ入金してもらうことも可能です。クレジットカードのキャッシングの利便性は、クレジットカードを作るときにキャッシングの審査も通過していますので、必要なときに必要な金額を借りることができる点だと思います。

群馬銀行のカードローンでお金を借りて、物置を買いました

“一戸建ての自宅の庭に物置を設置する必要ができたので、群馬銀行のカードローンでお金を借りて、物置を買いました。

【1】子供たちが大きくなりましたが、おもちゃを捨てるのがもったいないと思いました
私は10年前から、群馬県内で一戸建て住宅を購入し、生活しています。結婚して、子供が2人生まれて、にぎやかな生活を送っていますが、子供が成長してきて小学校高学年となり、子供たちが小さい頃使っていたおもちゃや、家の中で遊ぶ滑り台、履いていた靴などが家の中に溢れるようになってしまいました。本当は、思い切って捨ててしまえばよいのですが、私たち夫婦にとっては良い思い出の品ですので、捨てるのがもったいないのです。そこで、自宅の庭に大きめの物置を設置して、もう使わないおもちゃや滑り台など全てしまおうと考えました。

【2】床面積2坪の物置を買うことにしました
夫婦でホームセンターに行き、収納庫や物置を見て回りました。床面積が1坪のものや、2坪の物置があり迷いました。いまはリビングに置きっぱなしの子供用滑り台は分解して、格納すれば良いと思い、床面積2坪の物置を買うことにしました。価格は17万円でした。ところが、このときにかぎって現金を用意するのを、すっかり忘れていました。そして、私たち夫婦にはクレジットカードを使う習慣がありませんでした。ついつい消費を増やす過ぎるのではないかという心配があったため、クレジットカードを作っていなかったのです。給料がでるまで物置を買うのを待っても良かったのですが、銀行のカードローンでお金を借りて、物置を買うことにしました。

【3】群馬銀行のカードローンで支払うことに
群馬県民にとっては、群馬銀行はメインバンクです。生まれて初めて口座を作る銀行は、群馬銀行です。そして、地元の群馬県の企業に就職すれば、給与の振込口座は群馬銀行となりますし、公共料金の引き落とし口座も群馬銀行なのです。そんな、メインバンクの群馬銀行でカードローンを利用しようと思い、群馬銀行のホームページを見てみました。利用金額が17万円ですと、借り入れ金利は14.5%となるようでした。そして、そのままホームページからカードローンの申し込みをしてみました。翌日には審査を通過した旨のメールをもらい、自宅に契約書が送付されてきました。その後、ローンカードが自宅に送付されてきて、17万円を借りることができました。

あとでわかったのですが、群馬銀行のカードローンの金利は、一般的なカードローンの金利と比べて0.1%低いようです。たった0.1%ですが、お金の金利ですから大切なポイントです。カードローンを選ぶときは、金利の違いにも注目すべきと思った次第です。”

京葉銀行のカードローンを利用して、ドローンを購入しました

“いま話題のドローンを買うことにしたのですが、高額ですので、費用は京葉銀行のカードローンからお金を借りて支払いました。

【1】いま話題のドローンを買うことにしました
最近、テレビでドローンが話題になっています。良い点も悪い点も、両方の面から報道されており、世の中の強い関心を集めているわけですが、自分も興味を持つようになりインターネットで興味本位で検索していました。ところが、何度もインターネットでドローンを見ているうちに、自分もドローンを飛ばしたくなってしまいました。当初は単なるラジコン飛行機かと思っていたのですが、まったく機能の水準が異なります。操作できる距離が2000メートルあったり、カメラを装着して撮影することができます。

【2】高価格のドローンを選びました
私の自宅は、千葉県の郊外にありますので、ドローンを飛ばしても問題ないエリアがたくさんあります。親戚の畑の面積が広いですから、そこで飛ばさせてもらえば、問題ないだろうと思いました。肝心の、購入するドローンですが、価格帯が1万円程度のものですと、ちょっとした操作ミスで墜落してしまいそうな印象があります。このため、家電量販店の店員に話を聞いて、操作性の安定度が高いドローンを教えてもらいました。そのドローンですと、価格は約50万円でした。

【3】京葉銀行のカードローンで支払うことに
ドローンの購入費用ですが、50万円しますのでクレジットカードの枠内では支払えません。このため、銀行のカードローンを利用して、お金を借りることにしました。私は、京葉銀行から住宅ローンを借りていますし、京葉銀行に普通預金口座を開設し、給与振込口座に指定し、公共料金の引き落とし口座にも指定していますので、京葉銀行に対しては信用力は高いのではないかと勝手に思ってました。そこで、私は京葉銀行の住宅ローンを利用している支店に行って、相談してみました。すると、住宅ローン利用者に対しては、カードローンについては優遇金利が適用されると説明を受けました。ほとんどの銀行のカードローンの場合は、上限金利が14.6%と設定されていますが、今回の私の京葉銀行で優遇金利を適用されましたので、私は13.0%の金利で50万円を借りることができました。

京葉銀行のカードローンの場合は、住宅ローン利用者に対しては優遇金利を設定する制度がありましたので、私はメリットを受けることができました。カードローンを利用するにあたっては、そういったメリットの有無を調べることがポイントだと思った次第です。”

武蔵野銀行のカードローンで、低い金利でお金を借りました

2年前に大雪が降って、自宅のカーポートが潰れてしまい、カーポートを再び設置することになったのですが、費用は武蔵野銀行のカードローンからお金を借りて支払いました。

【1】埼玉県で珍しく大雪が降って、自宅のカーポートが潰れてしまいました

2年前の2013年に珍しく大雪が降りました。埼玉県では雪が降っても、せいぜい3cm程度しか積もらないのですが、その年はかなり大量に雪が降り続けました。夕方から雪が降り始め、夜になってもやむことがありません。翌朝、窓を開けて外を見ると、雪が10cm程度積もっていました。そして、自宅の庭に出てみると、なんとカーポートの屋根が雪の重みで大きく傾いており、私の車の上に、もたれかかっていました。自宅のカーポートは、左右両方に柱は無くて、片方にしか柱がないタイプだったのです。

【2】カーポートを買い替えることにしました

埼玉県では、これからも頻繁に雪が降るとは思えませんが、カーポートがないと太陽の熱線で車が傷んでしまいます。ですから、屋根材に太陽の熱線をカットするポリカを標準装備しているカーポートが必要なのです。これに加えて、今回は、柱が左右両方についているカーポートを購入することにしました。また、念のために雪に対する耐性が高いカーポートを選ぶことにしました。私の家では、私が通勤に使用する自家用車と、妻が買い物や子供たちの送迎に使う軽自動車の2台あります。このため、2台収まるカーポートが必要です。さっそく妻と2人で、ホームセンターに行って現物を見てきました。いくつか条件に見合うカーポートがあり、私たちはカーポートの中では人気商品を購入することにしました。価格は、21万円でした。

【3】武蔵野銀行のカードローンで支払うことに

カーポートの費用は、銀行からカードローンでお金を借りて支払うことにしました。次のボーナスが支給されるまでは、家計にゆとりがなかったのです。ところが、ほとんどの銀行がカードローンの最低貸出金額が30万円となっていました。仕方なく消費者金融から借りようとした矢先、武蔵野銀行のカードローンならば21万円でも借りることができることが判明しました。私はさっそく武蔵野銀行にカードローンの借り入れを申し込みました。私の年収は500万円ですので、極度貸付額は250万円に設定され、金利は7%となりました。7%で21万円を借りることができるのですから、かなりお得感を感じました。

武蔵野銀行は埼玉県を地盤とする中堅銀行で、知名度は高くありませんが、カードローンの商品内容を見ると、金利は低いですし、極度貸付額も多めに設定されているように感じます。銀行は多くありますが、武蔵野銀行のカードローンは利便性が高いと率直に感じた次第です。