キャッシングやカードローンの選び方や審査について

キャッシングやカードローンの選び方や審査について、説明します。現在、電車の中吊り広告やテレビCMなどで、キャッシングなどの金融商品の広告をしばしば目にします。そして、その商品数は実にたくさんあります。

では、そのうちの一つを選ぶ際に気を付けたいことは何でしょうか。まず、個々のカードローン商品・キャッシング商品の金利、利用限度額、返済条件、特典(無利息期間など)、返済方法と言った項目に関して比較検討した上で、一つの商品を選ぶようにしましょう。

なぜなら、商品毎に各項目の内容は少しずつ異なるので、自分の利用目的に最も適した内容のものを見つける必要があるからです。例えば、直感的には、金利が安い金融商品ほど、良く見えるかもしれません。

ところが、借入れ期間が数日間のみで良い場合なら、どうでしょうか。そのような超短期の借入れなら、通常の設定金利が高いとしても、無利息期間のような特典のある商品を選ぶべきでしょう。

また、返済し易い方法や環境を揃えた商品を選ぶことも大切なポイントです。なぜなら、キャッシングやカードローンの利用では、毎月の返済を遅滞なく行うことが大変重要だからです。

もし、返済が滞ると、信用度が下がるだけでなく、延滞金の支払いも発生してしまいます。従って、返済を行い易くするために、返済可能な場所が自宅や職場の近くにある商品、銀行引き落としにより返済できる商品などを選ぶ様にしましょう。

では次に、キャッシングやカードローンの審査に関して、以下に説明します。まず、キャッシングなどにおける審査は、貸したお金を間違いなく回収するために実施するもので、キャッシング等の金融事業者にとって、必要かつ不可欠なものです。

そして、殆どの人はこの審査にパスします。しかし、延滞の前歴がある人や複数のキャッシング等を利用中の人は、多くの場合、審査にパスしません。また、公共料金や携帯電話料金などの支払いが滞っている人も、審査が厳しくなる場合があります。

なお、本人が無職でも、配偶者にある程度以上の所得があれば、多くの場合、審査は通ります。そして、審査の項目や基準などは、金融業者毎に少しずつ異なります。

そのため、ある金融業者の審査が通らなくても、他の業者の審査はパスした、というケースもあります。また、審査では、多くの場合、職場に本人在籍の確認をしますが、中には、在籍確認を行わない業者もあります。

さらに、本人の身分を証明するための書類として顔写真付きのものを必須とする業者もあれば、顔写真なしの書類でも大丈夫な業者もあります。従って、審査を受ける前には、どんな書類が必要か、予め確認しておいた方が良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>